2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

第55回全日本新人王西軍代表決定戦は3日、大阪府立体育会館第2競技場で不戦のミドル級を除く11階級が実施され、各階級の代表が決まった。
 MVPに森川真一郎(高砂)、
技能賞に吉野典秀(進光)、
敢闘賞に菊地永太(真正)が選ばれた。
 西軍の12人は昨日(2日)決まった東日本新人王と12月21日に後楽園ホールで全日本新人王の座をかけて争う。
 各級決勝の結果は以下のとおり(左が全日本決勝進出者)。
Mm  立松誠(畑中) 判定 高梨竜平(高砂)
LF  川本祐太(中内) 判定 大西一生(姫路木下)
F   加藤毅(ヨシヤマ) 判定 田中飛依(緑)
SF  森川真一郎(高砂) TKO2回 坂光輝(松田)
B   越智大輔(ビッグアーム) 引き分け 大前健太(クラトキ)
※越智の勝者扱い
SB  菊地永太(真正) KO2回 池原龍次(琉球)
Fe  渡邊巧(中日) 引き分け 中野利保(ウォズ)
※渡邊の勝者扱い
SFe 吉野典秀(進光) KO2回 吉田宗平(都城レオS)
L   浦秀晃(竹原) TKO2回 人見真太郎(大鵬)
SL  瀧波大佑(千里馬神戸) KO1回 大崎宗人(三松S)
W   小林勇介(仲里ATSUMI) KO2回 村井伸行(大一スペースK)
M    庄司卓司(大星森垣) =認定

明日豪州ニューキャッスルのエンターテイメント・センターで前WBA世界Sミドル級王者のアンソニー・マンディンと戦うクレイジー・キム(ヨネクラ)が29日、現地ホテルで計量を行い、服を着たままでリミット75キロをパスした。一方のマンディンも74.5キロと軽めでクリア。
 敵地でもキムは相変わらずのクレイジー・キャラを演じた。計量に先立って行われた会見ではマンディンに向かって「明日が最後の試合になる」「弱い犬ほどよく吠える」などと挑発。地元のマンディンは平静を装ったが、会見を盛り上げた。ところが一転、計量ではマンディンと目もあわせず、すでに戦闘モード。仕上がり具合も万全のようで「俺のペースだよ。あとは明日だ」と闘志をたぎらせていた。南半球からビッグニュースを届けられるか??ゴングは明日夜打ち鳴らされる。