2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>






時事通信
【バンコク26日時事】元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者、辰吉丈一郎(38)が26日、当地でノンタイトル10回戦を行い、タイ・スーパーフライ級4位、パランチャイ・チュワタナ(19)に2回TKO勝ちし、5年ぶりの復帰戦を飾った。戦績は20勝(14KO)6敗1分け。辰吉は試合後、「もう一度、試合がしたい。試合をこなしたい」と述べ、今後も現役を続ける考えを明らかにした。
 2003年9月、フリオ・セサール・アビラ(メキシコ)とのノンタイトル10回戦に判定勝ちして以来の試合。日本ボクシングコミッション(JBC)のルールでは「引退選手」となっているが、「まだ試合ができることをJBCにアピールする」と、日本のライセンスが無関係のタイで再起を目指した。
 辰吉は試合開始直後こそ硬さがあったが、2回に左フックで最初のダウンを奪った。さらに、左右のフックなどを浴びせて再びダウンを奪ったところで、レフェリーが試合を止めた。
 この試合は54キロの契約体重で行われた。パランチャイの戦績は2勝(2KO)6敗。この日の敗戦以外の5敗は、いずれも日本国内で日本人選手にKO負けしたものだった。 




辰吉vsサンティジャナ round5・9

WBC世界バンタム級王座統一戦 薬師寺保栄 vs 辰吉丈一郎 

Tatsuyoshi vs Veeraphol

辰吉丈一郎 vs 岡部繁