2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>



トーマス・ハーンズ(Thomas Hearns、1958年10月18日 - )は、アメリカ合衆国、テネシー州メンフィス出身の男性プロボクサー。初期のニックネームはマシンガントミー(Machine gun Tommy)、後にヒットマン(The Hit Man)、あるいはモーターシティ・コブラ(The Motor City Cobra)。なお試合前のコールの際は愛称であるトミー・ハーンズと呼ばれる事が多い。

身長188cmリーチ198cmと恵まれた体格を生かし、左腕をだらりと下げたヒットマンスタイルからのフリッカージャブ[1]とマシンガンのように繰り出す強打で1980年代のボクシング・シーンを席巻した。マービン・ハグラー、シュガー・レイ・レナード、ロベルト・デュランらと共に「黄金の中量級」時代を盛り上げた。
強打で対戦相手をなぎ倒す強さを見せる一方で、典型的なグラス・ジョーであったため一発に泣かされることもあった。その危うさが母性本能をくすぐるのか、米国内では中高年の主婦層に圧倒的な人気を誇った。
息子のロナルド・ハーンズ(Ronald Hearns、1978年12月27日 - )もプロボクサーになっており、2005年と2006年には親子で同じ興行に出場した。
来歴
子供の頃はいわゆる「もやしっ子」。アメリカのテネシー州メンフィスで生まれ、5歳の時にデトロイトに移住。母親ロイスとの母子家庭で育つ。8人兄弟の長男。母親はハーンズがボクシングをすることに反対していた。
アマチュア時代は155勝8敗の好成績だがKOはわずかに12。ワンツー主体の非力なアウトボクサーだった。しかし、1974年キング・ソロモンジムを離れ、クロンク・レクリエーション・センターでトレーナーを開始したばかりのエマヌエル・スチュワードと出会い、才能を開花させる。プロデビュー(1977年11月)後は強打者に変身。いきなり17連続KO勝ちを収める。その後もセンサク・ムアンスリン、エディ・ガソといった元世界王者・世界ランカーを倒し続けた。
1980年3月2日、アンヘル・エスパダを4RKOで下しUSBA全米ウェルター級王座を獲得した。
同年8月2日、プロ3年目でWBA世界ウェルター級王者、ホセ・ピピノ・クエバス(メキシコ)への挑戦が実現。既に11度(10KO)の防衛を果たし、最強とまで言われた王者に2R右クロスでKO勝ちし、王座を獲得した。その後3度防衛。
1981年9月16日、WBC世界ウェルター級王者、シュガー・レイ・レナードとの統一戦を迎える。拮抗した実力を持った両者の、互いの持ち味を出し尽くした熱戦となったが、14Rにレナードの集中打を浴びTKO負け。王座から陥落した。
しかし1982年12月3日、ウィルフレド・ベニテスを判定で下し、WBC世界スーパーウェルター級タイトルを獲得。2階級制覇に成功した。1984年にはロベルト・デュランを2RKOで下すなど、4度の防衛を達成。キャリアとパワー、テクニックが融合したこの頃がハーンズのピークだった。三原正もハーンズ挑戦を計画したが断念し引退。
1985年4月15日には3階級制覇を賭け、統一ミドル級王者マービン・ハグラーに挑戦。初回から激しい打ち合いを演じるものの、3RTKOで敗れた。
1986年3月10日の復帰戦で、ジェームス・シュラーを1RKOと健在をアピール。NABF北米ミドル級王座を獲得した。
1987年3月7日にはデニス・アンドリュースを破ってWBC世界ライトヘビー級王座を獲得。3階級制覇に成功した。
1987年10月29日、王座決定戦でファン・ドミンゴ・ロルダンを4RKOに下し、WBC世界ミドル級タイトルを獲得。4階級制覇に成功した。
1988年6月6日、アイラン・バークレーに3RTKOで敗れWBC世界ミドル級王座から陥落。
1988年11月4日、ジェームス・キンチェンを下しWBO世界スーパーミドル級タイトル獲得。レナードと並ぶ5階級制覇を達成した。
1990年6月3日、ヴァージル・ヒルを12R判定で下しWBA世界ライトヘビー級王座を獲得した。
1992年6月3日、アイラン・バークレーに12R判定で敗れWBA世界ライトヘビー級王座から陥落した。それ以降はマイナータイトルに矛先を移し1994年、NABF北米クルーザー級王座、1995年3月31日WBU世界クルーザー級王座を獲得し、2000年4月10日、ネート・ミラーを12R判定で下しIBO世界クルーザー級王座を獲得した。
2000年4月8日、ユーライア・グラントに2RKOを喫し、IBO世界クルーザー級王座から陥落し、同時に現役引退を表明した。
2005年7月30日、ジョン・ロングを8RTKOで下し5年ぶりの復帰を果たした。
2006年1月1日、家庭内暴力(13歳の息子を殴打した)の容疑で逮捕されるも罪に問われず、2月4日には復帰2戦目を10RTKOで飾った。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ








アレクシス・アルゲリョ(Alexis Argüello、1952年4月19日 - )は、ニカラグア初のプロボクシング世界王者。ニカラグア・マナグア出身。1974年から1981年までに3階級制覇を果たす。華麗なテクニック、端正な容姿から、リングの貴公子、またその痩身長躯に似合わぬ強打から“破壊的な痩せっぽち”とも呼ばれた。
来歴
1967年プロデビュー。初の世界挑戦は1974年2月、エルネスト・マルセルの持つWBA世界フェザー級タイトルだった。この頃のアルゲリョはまだ無名の存在だったが、王者相手に大善戦し小差の判定負け。9ヵ月後、マルセルが返上したタイトルを獲得した「ミスター・ノックアウト」ルーベン・オリバレスの初防衛戦の相手に選ばれる。アルゲリョは10回以降KO負けのピンチに見舞われるが、13回、左フックのカウンターでオリバレスを横転させ、さらに粘る王者を右アッパーで沈め見事世界タイトル獲得。このタイトルは4度防衛し、いずれもノックアウト。3度目の防衛戦では来日し、「KO仕掛人」と呼ばれたロイヤル小林をボディで悶絶させ、一級の実力を見せつけた。減量苦もあり、1976年にはタイトルを返上。この後一時引退するがすぐに復帰。
1978年、11度防衛中のアルフレド・エスカレラと対戦し、13回TKO勝ち。WBC世界ジュニアライト級(現スーパーフェザー級)タイトル獲得し2階級制覇を果たす。減量苦から開放されたアルゲリョは8度(7KO)の防衛を達成した後、タイトル返上。1981年、アルゲリョはジム・ワットの持つWBC世界ライト級タイトルに挑み、ダウンを奪っての判定勝ち。3階級制覇を果たす。このタイトルは4度(4KO)の防衛を果たし、返上。1982年、当時史上初となる4階級制覇を目論んで、アーロン・プライヤーの持つWBA世界ジュニアウェルター級(現スーパーライト級)王座に挑戦。強打をヒットさせるなど善戦したが、14回にプライヤーの連打に捕まりロープ際で滅多打ちにされ立ったまま失神。TKO負けを喫した。翌1983年の再戦でも10回KO負けとなり夢は叶わなかった。
戦績
88戦80勝64KO8敗
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ







カオサイ・ギャラクシー(Khaosai Galaxy、本名:スラ・セーンカム(Sura Saenkham)、1959年5月15日 - )は、タイ出身のプロボクサー。WBA世界ジュニアバンタム級(現・スーパーフライ級)王座を19度防衛したタイの国民的英雄。サウスポーのファイタータイプ。
双子の兄であるカオコー・ギャラクシーもWBA世界バンタム級王座を獲得した元プロボクサーで、世界初の双子での世界王座奪取を果たしている。
来歴
元々は母国タイの国技ムエタイの選手であったが、1980年にボクシングに転向。同年12月にデビュー戦を戦い、5回KO勝ちを収めている。
1981年7月、タイ国内バンタム級王座に挑戦するも、10回判定に敗れ、王座獲得はならず。これがプロボクサー人生唯一の敗戦となる。
1982年、タイ国内バンタム級王座再挑戦し、見事に王座奪取成功。
1984年11月21日、世界初挑戦。渡辺二郎が7月に剥奪されたWBA世界ジュニアバンタム級の王座決定戦に出場。エウセビオ・エスピナル(ドミニカ共和国)を6回KOに降し、新王者に輝く。
その後もサウスポースタイルから繰り出す左の強打を主武器に、王座防衛を重ね続ける。
1989年4月には初めて日本のリングに登場。横浜で松村謙二を12回判定に降し、10度目の防衛に成功。松村とは同年10月にも神戸で対戦。この時は最終12回TKO勝ちを収め、12度目の防衛に成功している。
1991年12月、母国でアルマンド・カストロ(メキシコ)を12回判定に降し、19度目の防衛に成功。この試合を最後に現役を引退。王座を返上した。
1980年代中頃になると、当時センセーションを巻き起こしていたマイク・タイソンにちなみタイタイソン(The Thai Tyson)というあだ名をつけられた。
1988年には双子の兄であるカオコー・ギャラクシーもWBA世界バンタム級王座を獲得。史上初の双子での世界王座奪取を果たした。
1999年に殿堂入り。
引退後は歌を出したり、飲食店を経営したり、タレントとして活動をしたりしている。タイでは現在もしばしばドラマ、映画、バラエティに顔を出す人気者である。
2007年3月にはタイのスポーツ紙 Siam Sport Daily の読者によるタイスポーツ選手オールタイムベスト投票で、現役で活躍中の選手やオリンピックメダリストを押さえ、見事1位を獲得した。
世界チャンピオン時代に熱狂的ファンの日本人女性と結婚。式は国民的英雄にふさわしくタイの国王の前でとりおこなわれたが、後に離婚。現在はタイ人女性と再婚している。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より
本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ





ジュリアン・ジャクソン(Julian Jackson、1960年9月12日 - )は、アメリカ領ヴァージン諸島出身の男性プロボクサー。ジュニアミドル級、ミドル級の元世界王者。ニックネームは「The Hawk」。一撃で相手を失神させるパンチ力を持ち、ボクシング史に名を残す倒し屋であった。
略歴
1981年2月にプロデビュー。
1986年8月23日、無敗のままマイク・マッカラムの持つWBA世界ジュニアミドル級タイトルに挑戦するも、2回TKO負け。
1987年11月21日、白仁鉄を3回TKOに下し、WBA世界ジュニアミドル級タイトルを獲得。3度防衛した後返上。防衛戦には後の同級世界王者テリー・ノリスもいた(2回TKO勝ち)。
1990年11月24日、WBC世界ミドル級王者決定戦でヘロール・グラハムと対戦し、4回に右フックによる逆転KO勝ち。2階級制覇を果たす(グラハムはこの右フック一発で体を硬直させ失神、ジャクソンのパンチ力を見せつけた試合となった)。
1993年5月8日、5度目の防衛戦でジェラルド・マクラレンに5回TKO負け。王座を失う。
1994年5月7日、マクラレンとタイトルマッチで再戦し、1回TKO負け。
1995年3月17日、アゴスティノ・アルダモネを2回TKOに下し、WBC世界ミドル級タイトル獲得。しかし、同年8月19日の初防衛戦でクインシーテーラーに8回TKO負け。王座を失う。
61戦55勝49KO6敗。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ



”150年に一人の天才”大橋秀行さん。
いまおもえば凄いネーミング。。

あの右クロスや左ボディに憧れたもんです!









本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ