2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<< >>

ボクシングの日本ライトフライ級前王者井岡一翔(井岡)が11日、大阪市内で会見し、2月11日に神戸ワールド記念ホールで世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級王者オーレドン・シッサマーチャイ(タイ)に挑戦すると発表した。
 井岡はプロデビュー7戦目の世界王座挑戦で、タイトル獲得に成功すれば国内最速となる。これまでの記録は元WBCバンタム級王者の辰吉丈一郎らが持つ8戦目。
 当初予定していたライトフライ級での挑戦交渉が難航し、1階級下げて無敗の王者に挑むことになった井岡は「世界王者が強いのは当たり前。強い相手とやる方がやりがいがある」と意欲的に話した。 





『rsc products X Ameba』ブログはこちら

trackback