2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>



アレクシス・アルゲリョ(Alexis Argüello、1952年4月19日 - )は、ニカラグア初のプロボクシング世界王者。ニカラグア・マナグア出身。1974年から1981年までに3階級制覇を果たす。華麗なテクニック、端正な容姿から、リングの貴公子、またその痩身長躯に似合わぬ強打から“破壊的な痩せっぽち”とも呼ばれた。
来歴
1967年プロデビュー。初の世界挑戦は1974年2月、エルネスト・マルセルの持つWBA世界フェザー級タイトルだった。この頃のアルゲリョはまだ無名の存在だったが、王者相手に大善戦し小差の判定負け。9ヵ月後、マルセルが返上したタイトルを獲得した「ミスター・ノックアウト」ルーベン・オリバレスの初防衛戦の相手に選ばれる。アルゲリョは10回以降KO負けのピンチに見舞われるが、13回、左フックのカウンターでオリバレスを横転させ、さらに粘る王者を右アッパーで沈め見事世界タイトル獲得。このタイトルは4度防衛し、いずれもノックアウト。3度目の防衛戦では来日し、「KO仕掛人」と呼ばれたロイヤル小林をボディで悶絶させ、一級の実力を見せつけた。減量苦もあり、1976年にはタイトルを返上。この後一時引退するがすぐに復帰。
1978年、11度防衛中のアルフレド・エスカレラと対戦し、13回TKO勝ち。WBC世界ジュニアライト級(現スーパーフェザー級)タイトル獲得し2階級制覇を果たす。減量苦から開放されたアルゲリョは8度(7KO)の防衛を達成した後、タイトル返上。1981年、アルゲリョはジム・ワットの持つWBC世界ライト級タイトルに挑み、ダウンを奪っての判定勝ち。3階級制覇を果たす。このタイトルは4度(4KO)の防衛を果たし、返上。1982年、当時史上初となる4階級制覇を目論んで、アーロン・プライヤーの持つWBA世界ジュニアウェルター級(現スーパーライト級)王座に挑戦。強打をヒットさせるなど善戦したが、14回にプライヤーの連打に捕まりロープ際で滅多打ちにされ立ったまま失神。TKO負けを喫した。翌1983年の再戦でも10回KO負けとなり夢は叶わなかった。
戦績
88戦80勝64KO8敗
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ





comment









trackback