2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>



トーマス・ハーンズ(Thomas Hearns、1958年10月18日 - )は、アメリカ合衆国、テネシー州メンフィス出身の男性プロボクサー。初期のニックネームはマシンガントミー(Machine gun Tommy)、後にヒットマン(The Hit Man)、あるいはモーターシティ・コブラ(The Motor City Cobra)。なお試合前のコールの際は愛称であるトミー・ハーンズと呼ばれる事が多い。

身長188cmリーチ198cmと恵まれた体格を生かし、左腕をだらりと下げたヒットマンスタイルからのフリッカージャブ[1]とマシンガンのように繰り出す強打で1980年代のボクシング・シーンを席巻した。マービン・ハグラー、シュガー・レイ・レナード、ロベルト・デュランらと共に「黄金の中量級」時代を盛り上げた。
強打で対戦相手をなぎ倒す強さを見せる一方で、典型的なグラス・ジョーであったため一発に泣かされることもあった。その危うさが母性本能をくすぐるのか、米国内では中高年の主婦層に圧倒的な人気を誇った。
息子のロナルド・ハーンズ(Ronald Hearns、1978年12月27日 - )もプロボクサーになっており、2005年と2006年には親子で同じ興行に出場した。
来歴
子供の頃はいわゆる「もやしっ子」。アメリカのテネシー州メンフィスで生まれ、5歳の時にデトロイトに移住。母親ロイスとの母子家庭で育つ。8人兄弟の長男。母親はハーンズがボクシングをすることに反対していた。
アマチュア時代は155勝8敗の好成績だがKOはわずかに12。ワンツー主体の非力なアウトボクサーだった。しかし、1974年キング・ソロモンジムを離れ、クロンク・レクリエーション・センターでトレーナーを開始したばかりのエマヌエル・スチュワードと出会い、才能を開花させる。プロデビュー(1977年11月)後は強打者に変身。いきなり17連続KO勝ちを収める。その後もセンサク・ムアンスリン、エディ・ガソといった元世界王者・世界ランカーを倒し続けた。
1980年3月2日、アンヘル・エスパダを4RKOで下しUSBA全米ウェルター級王座を獲得した。
同年8月2日、プロ3年目でWBA世界ウェルター級王者、ホセ・ピピノ・クエバス(メキシコ)への挑戦が実現。既に11度(10KO)の防衛を果たし、最強とまで言われた王者に2R右クロスでKO勝ちし、王座を獲得した。その後3度防衛。
1981年9月16日、WBC世界ウェルター級王者、シュガー・レイ・レナードとの統一戦を迎える。拮抗した実力を持った両者の、互いの持ち味を出し尽くした熱戦となったが、14Rにレナードの集中打を浴びTKO負け。王座から陥落した。
しかし1982年12月3日、ウィルフレド・ベニテスを判定で下し、WBC世界スーパーウェルター級タイトルを獲得。2階級制覇に成功した。1984年にはロベルト・デュランを2RKOで下すなど、4度の防衛を達成。キャリアとパワー、テクニックが融合したこの頃がハーンズのピークだった。三原正もハーンズ挑戦を計画したが断念し引退。
1985年4月15日には3階級制覇を賭け、統一ミドル級王者マービン・ハグラーに挑戦。初回から激しい打ち合いを演じるものの、3RTKOで敗れた。
1986年3月10日の復帰戦で、ジェームス・シュラーを1RKOと健在をアピール。NABF北米ミドル級王座を獲得した。
1987年3月7日にはデニス・アンドリュースを破ってWBC世界ライトヘビー級王座を獲得。3階級制覇に成功した。
1987年10月29日、王座決定戦でファン・ドミンゴ・ロルダンを4RKOに下し、WBC世界ミドル級タイトルを獲得。4階級制覇に成功した。
1988年6月6日、アイラン・バークレーに3RTKOで敗れWBC世界ミドル級王座から陥落。
1988年11月4日、ジェームス・キンチェンを下しWBO世界スーパーミドル級タイトル獲得。レナードと並ぶ5階級制覇を達成した。
1990年6月3日、ヴァージル・ヒルを12R判定で下しWBA世界ライトヘビー級王座を獲得した。
1992年6月3日、アイラン・バークレーに12R判定で敗れWBA世界ライトヘビー級王座から陥落した。それ以降はマイナータイトルに矛先を移し1994年、NABF北米クルーザー級王座、1995年3月31日WBU世界クルーザー級王座を獲得し、2000年4月10日、ネート・ミラーを12R判定で下しIBO世界クルーザー級王座を獲得した。
2000年4月8日、ユーライア・グラントに2RKOを喫し、IBO世界クルーザー級王座から陥落し、同時に現役引退を表明した。
2005年7月30日、ジョン・ロングを8RTKOで下し5年ぶりの復帰を果たした。
2006年1月1日、家庭内暴力(13歳の息子を殴打した)の容疑で逮捕されるも罪に問われず、2月4日には復帰2戦目を10RTKOで飾った。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

本物志向のグローブ、シューズなどを販売。ボクシング用品の専門ショップ






comment









trackback