2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

【ヨハネスブルク時事】29日に当地郊外で行われる国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級タイトルマッチの前日計量が28日行われ、挑戦者で同級1位の高山勝成と同級王者のヌコシナチ・ジョイ(南アフリカ)がともに1回でパスした。
 高山は「僕の方が世界戦の経験などが王者より上なので、それをリングで示したい」と意気込みを語った。IBFは日本ボクシングコミッション(JBC)の未公認団体で、高山は1984年にバンタム級王者となった新垣諭以来、日本選手2人目のIBF王座獲得を目指す。 

trackback