2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<< >>

南アフリカで行われた国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級タイトルマッチに挑んだ高山勝成(27)が31日、関西空港着の航空機で帰国した。偶然のバッティングにより無効試合となった一戦を「本当は続けたかった。勝ってベルトを持ち帰りたかった」と悔しがった。王者のヌコシナチ・ジョイ(南アフリカ)とは再戦の見通しで「何が通用して、何をしたら駄目なのか分かった。次が楽しみ」と不敵に笑った。

trackback