2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<< >>

前世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級チャンピオンの名城信男(六島)は30日、大阪・住吉区民センターでフィリピン同級王者のレイ・ペレスとノンタイトル10回戦を行い、判定勝ちした。名城にとっては2月に王座返り咲きに失敗して以来の再起戦。11戦全勝だった相手に勝ち、「倒したかったが、このレベルの相手にいいボクシングができたのは収穫」と話した。陣営は今秋をめどに次戦を計画している。

trackback