2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<< >>

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級、フェザー級元王者の長谷川穂積(30)=真正、西脇市出身=が1日、神戸市兵庫区の所属ジムで記者会見し、現役続行を表明した。
 WBCバンタム級で10連続防衛の記録を持つ長谷川は昨年11月、2階級上の同フェザー級王座決定戦で判定勝ちし、2階級制覇を達成。しかし、今年4月の初防衛戦でジョニー・ゴンサレス(メキシコ)に4回58秒TKO負けし、進退を保留していた。戦績は33戦29勝(12KO)4敗。
 長谷川は1999年、千里馬神戸ジムから18歳でプロデビュー。スピード抜群のサウスポーとして頭角を現し、2005年に王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)を破ってWBCバンタム級王座を奪取した。07年に真正ジムに移籍し、具志堅用高氏が持つ13連続に次ぐ、国内歴代2位の同級10連続防衛に成功した。

trackback