2019/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級前王者の清水智信(31)=金子=が10日、現役引退を発表した。都内で記者会見し「もう一度世界に、という気持ちになれなかった。世界王者になるという夢がかなったのは幸せだった」と話した。今後は故郷の福井市でフィットネスクラブを経営する。ジムも併設し、アマチュア選手の育成にも携わる。
 清水は2004年3月にプロデビューし、08年4月に日本フライ級王者に。昨年8月に3度目の世界挑戦でWBAスーパーフライ級王座を獲得したが、その際に負った右目のけがを理由に休養王者とされ、今年4月の王座統一戦でテーパリット・ゴーキャットジム(タイ)に敗れた。戦績は19勝(9KO)4敗1分け。最も印象に残る試合に、日本フライ級王座を獲得した一戦を挙げた。 

trackback