2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 ボクシングの女子トリプル世界戦(3月3日、後楽園ホール)の記者会見が13日、都内の青木ジムで行われ、小関桃=青木、多田悦子=フュチュール、黒木優子=YuKO、柴田直子=ワールドスポーツ=の日本人4選手とG‐Legendアトム級チャンピオンシップに出場する花形冴美=花形=が抱負を語った。
“ボクシング界のゆうこりん”の異名を取る美女ボクサーの黒木は、防衛8度を誇るコテコテの関西人キャラクターの王者・多田に挑戦。
白いブラウス、赤いミニスカートにブーツ、そして付けまつげ。ジャージーやスーツ姿の選手が並ぶ中で、ボクサーとは思えない服装で現れた黒木はひときわ目立った。初の世界挑戦に「すごく緊張してます」と初々しくあいさつ。
それでも「普段は女の子らしくしますが、リングでそんなことをしてたらやられる。化粧もしない。1人のボクサーとして堂々とリングに立ちたい」と自覚は十分だ。両親はともに警察官。元はアルペンスキー選手でインターハイや国体に出場した経験もあるが、父の誘いがきっかけで中学2年からボクシングを始めた。「私の思いより両親の思いの方が強いと思う。恩を返すためにも絶対に負けられない」と、両親に捧げる勝利を誓った。



ガールズラインもクールでキュート♫
ボクシングアパレル"RSC"のオンラインショップ
"rscproducts "online shop

trackback